ED薬の比較サイト

早漏防止トレーニングまとめ|治すには原因の把握が重要

早漏防止トレーニングについて

男性なら一度は「早漏」で悩む機会があると思います。
私は挿入してから45秒ほどで射精してしまう程の早漏で、いつも女性から白い目で見られていました。

「女性も満足できる普通のセックスがしたい!」

と思い3年前から早漏防止トレーニングを始め、今では3分程度(4倍)まで我慢できるようになりました。
正しくトレーニングを行えば、早漏を治す事は可能です。

この記事では「早漏を治したい方」に向けて、自分の体験を元に「早漏タイプ」や「早漏防止トレーニング」を解説しています。 早漏を治す上で必須の情報をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

自分の早漏タイプを把握してからトレーニングをしよう

自分の早漏タイプを把握する

早漏防止トレーニングを解説する前に、自分の早漏タイプをしっかり把握しておきましょう。
早漏タイプによって、「トレーニングの効果」が得られない場合もあります。

基本的に早漏のタイプは、以下の3種類です。

過敏性早漏 わずかな刺激で射精してしまう早漏
心因性早漏 精神的な問題で射精してしまう早漏
衰弱性早漏 加齢が原因で射精してしまう早漏

「自分の早漏タイプなんかわかってるよ!」

という方は以下をタップしてください。
タップして頂ければ、すぐに「早漏防止トレーニング」を読めるようになっています。

自分の早漏タイプがわからない方は、このまま読み進めてくださいね。
それでは「早漏タイプ」について解説していきます。

過敏性早漏の特徴

過敏性早漏とは性的刺激に慣れておらず、わずかな刺激で射精してしまう早漏のことです。
以下の理由から、10代~20代に多い早漏と言われています。

通常なら以下のようなメカニズムで射精します。
ですが過敏性早漏は、ペニスの神経が敏感過ぎるため、脳に性的刺激が伝わる前に射精してしまいます。

射精のメカニズム

  1. 性的刺激が脳に伝わる
  2. 体が射精の準備を始める
  3. 射精する

つまり性的刺激に慣れてペニスの神経が鈍感になれば、自然と過敏性早漏は治るという事です。
私も過敏性早漏でしたが、早漏防止トレーニングを継続した事で治りました

過敏性早漏が一番治りやすいので、この記事に書いてある早漏防止トレーニングを試してみてくださいね。

心因性早漏の特徴

心因性早漏について

心因性早漏とは以下のような精神的な問題(悩み)を抱えており、その問題が原因で興奮状態に陥ってしまう早漏のことです。

童貞やセックス経験が少ない方はセックスの想像をするだけで、過度の興奮状態になってしまう傾向があります。
そのため性的刺激がなくても勃起してしまい、わずかな性的刺激で射精してしまいます。

セックスの失敗経験がある方は、「次も早く射精してしまったらどうしよう…」と不安状態になってしまいがちです。
この不安状態が脳の興奮状態につながってしまい、わずかな性的刺激で射精してしまいます。
「不安→射精→不安」と悪循環になってしまうことで、心因性早漏が悪化することもあるので注意が必要です。

心因性早漏を治すには、「セックスの回数を増やす」のが最適です。
性的刺激に慣れるに加え、「問題なくセックス出来る」と自信をつけることで、心因性早漏は治りやすくなります。
その他にも有効な早漏防止トレーニングはあるので、ぜひ試してみてください。

衰弱性早漏の特徴

衰弱性早漏とは加齢が原因で、筋力が衰えてしまい発症する早漏のことです。
加齢が原因の早漏なので、40代~60代の中高年の方に多い傾向があります。

筋力の衰えは、テストステロン(男性ホルモン)の減少が関係しています。
テストステロンが減少することで筋肉量が減少してしまい、射精をコントロールする射精管閉鎖筋も衰弱してしまいます。

テストステロンは「食べ物」などで増やせます。
テストステロンを増やす食べ物に興味がある方は、こちらの記事を参考にしてください。

話を戻しますが、衰弱性早漏の特徴として以下のようなものがあります。

衰弱性早漏は筋力が原因で起こる早漏なので、筋力を元に戻すしかありません。
ですのでこの記事で解説して早漏防止トレーニングを行いつつ、なかやまきんに君が解説しているスクワットをするのがオススメです。

上記のトレーニングはめちゃくちゃ楽なので、どなたでも簡単に続けられますよ。
衰弱性早漏は筋力を戻せば治りやすくなるので、毎日筋トレを行い次で解説する早漏防止トレーニングを取り入れてみましょう。

早漏防止のトレーニング方法

早漏防止トレーニングの方法

ここからは「早漏防止トレーニング方法」について解説していきます。
実際に効果があって、個人的にオススメの早漏防止トレーニングは6つあります。

※「トレーニング名」をタップすれば、そのトレーニング方法の説明に飛びます

過敏性 心因性 衰弱性
PC筋
スクイーズ法
セマンズ法
オナホ
セックス
皮を剥く

早漏トレーニングには「無料」と「有料」があります。
基本的に無料で出来ますが、トレーニング方法によっては「お金がかかる」と理解しておいてください。

「トレーニングとか面倒くせえよ!」
「すぐに早漏を治す方法はないの?」

と思っている方もいるはずです。
1秒でも早く早漏を治したい方は、以下の「早漏防止薬」または「ED治療薬」を服用してください。

お金はかかってしまいますが、1錠服用するだけで射精しにくくなります。
自分の早漏タイプを把握していない方は、まず以下から読んでみてください。

それでは具体的な早漏トレーニングの方法を、1つずつ解説していきます。

早漏防止トレーニング1:PC筋を鍛える

PC筋を鍛えることで、射精をコントロールできるようになります。
PC筋とは尿道と肛門を締める筋肉のことです。

もっとわかりやすく言うと、おしっこを止める時に使う筋肉です。
お尻の穴をキュッと締めると、おしっこが止まりますよね?
それと同じ要領で、射精も自分でコントロールできるようになります。

PC筋の鍛え方は非常に簡単で、たった2工程しかありません。

  1. 肛門を5秒締める
  2. 5秒休む

この2工程で1回とカウントして、1日20回は行いましょう。
PC筋は毎日の積み重ねが非常に重要なので、日々の生活に取り入れる事をオススメします。

私も毎日PC筋を鍛えていますが、以下のタイミングで行うようにしています。

PC筋は普段使わない筋肉なので、最初はめちゃくちゃキツいと思います。
ですが毎日継続することで早漏は治るので、PC筋のトレーニングをぜひ取り入れてみてください。

早漏防止トレーニング2:スクイーズ法

早漏防止トレーニング|スクイーズ法

スクイーズ法もPC筋と同様に、射精をコントロール出来るようになります。
スクイーズ法は男性1人でも出来ますが、女性に協力してもらった方が効果は高いです。

スクイーズ法のやり方も簡単で、以下の2工程のみです。

  1. 出そうになるまでオナニーをする
  2. カリの下の部分を強く締めて射精を止める

射精を止める時、必ずPC筋に力を入れましょう。
そうすることで射精が止まりやすくなり、スクイーズ法の効果が高まります。

スクイーズ法を行う際は、以下2つに注意してください。

  1. 出る寸前までオナニーしない
  2. 1日に何回もやりすぎない

まず「出る寸前までオナニーしない」から解説します。
簡単な話ですが、出る寸前までオナニーしてしまうと、絶対に我慢できません。
100%射精してしまうので、出る寸前の「少し気持ち良い状態」になったら、すぐにカリの下の部分を締めて射精を止めましょう。

続いて2つ目の「1日に何回もやりすぎない」について。
スクイーズ法を1日に何回もやってしまうと、精液が膀胱に逆流してしまい、射精障害になってしまう恐れがあります。
ですのでスクイーズ方は、1日1回~2回までにしておきましょう。

スクイーズ法は非常に効果がある早漏トレーニングなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

早漏防止トレーニング3:セマンズ法

セマンズ法を行う事で、射精をコントロール出来るようになります。
セマンズ法のやり方はスクイーズ法と全く同じですが、以下のように「射精感をどのように抑えるか」が異なっています。

セマンズ法 射精感が自然と消えるのを待つ
スクイーズ法 手の力で射精管を強制的に抑える

セマンズ法は自分の意思で我慢する必要があるので、PC筋が弱いと失敗する傾向にあります。
私が初めてセマンズ法を実践した時は、我慢出来ず射精してしまいました。
ですのでセマンズ法を実践する前に、PC筋のトレーニングをしておきましょう。

個人的にはスクイーズ法より、セマンズ法を積極的に行うべきだと思っています。
なぜかと言うと、スクイーズ法は「手の力」に頼る必要があるからです。

膣内に挿入した状態だと、手は使えないですよね?
セックス中に射精を我慢する事が重要なので、手の力を使わずPC筋だけで止めるセマンズ方がオススメです。

ただ最初からセマンズ法は上手くできないので、まずは「PC筋」と「スクイーズ法」から始めていきましょう。

早漏防止トレーニング4:テンガのオナホを使う

早漏防止トレーニング|テンガのオナホ

お金がかかってしまいますが、テンガのオナホを使うのもオススメです。
テンガと聞くと、赤いオナホをイメージしますよね。
実はテンガでは、早漏防止トレーニング用のオナホが販売されているんです。

早漏防止トレーニング用のオナホは、以下の5種類が販売されています。
上から「刺激が弱い順」になっています。

  1. Lv.1ソフトタイプ
  2. Lv.2ミディアムソフトタイプ
  3. Lv.3レギュラータイプ
  4. Lv.4ミディアムハードタイプ
  5. Lv.5ハードタイプ

具体的な使い方は、以下のように解説されています。

ステップ1

まずはLv.1から使用し、マスターベションを行います。
普段の性交と同程度のスピードで10分間以上動かし続けられたら、次のトレーニングでは1つ上のLv.を使用します。

引用元:テンガ:メンズトレーニングカップ

私も実際に使ってみましたが、一番刺激が弱いLv.1のソフトタイプでも、めちゃくちゃ気持ち良いです。
初めて使った時は、1分と持ちませんでした。

ステップ2

10分以内に射精してしまいそうになったら

1、肛門周辺の筋肉の力を抜き、射精しないようリラックスします。

2、それでも射精しそうな場合は手を一旦止め、射精感が引いたら再び再開します。

引用元:テンガ:メンズトレーニングカップ

射精しそうな場合の対処法は、セマンズ法と同じ要領ですね。
慣れないとリラックス出来ず、射精感もなかなか引かないので、セマンズ法を実践してからテンガを使った方が良いかなと。

実際に私はセマンズ法にある程度慣れてから、テンガの早漏防止トレーニングを行いました。

ステップ3

トレーニングは無理せず週2-3回程度のペースで行いましょう。

引用元:テンガ:メンズトレーニングカップ

以上でテンガの早漏防止トレーニングは終わりです。
週2回の使用で「挿入時間が2.38倍も伸びた」という検証結果が出ているため、スクイーズ法などのトレーニングより早漏防止効果が期待できるかなと。

お金に余裕がある方は、ぜひ一度試してみてください。

早漏防止トレーニング5:セックスの回数を増やす

早漏防止トレーニングの中で、「セックスの回数を増やす」が一番効果があります。
私はその当時パートナーがいなかったので、激安のソープに何回も通って、セックスの回数を増やしていました。
パートナーがいる方は、事情を説明して付き合ってもらいましょう。

ただセックスをするだけではなく、「挿入版」のセマンズ法をやるイメージです。
その時に私は、必ず「極厚コンドーム」を持参してソープに通っていました。
通常のコンドームだと刺激が強すぎるので、最初は0.1mmの極厚コンドームがオススメです。

「極厚コンドームでもすぐに射精しちゃうんだけど…」

という過敏性早漏の方は、リドカインをペニスに塗ってからセックスを行いましょう。
ペニスに塗るだけで、射精するまでの時間が長くなり、早漏は治ります。

心因性早漏の方は、ダポキセチンを服用してからセックスを行いましょう。
ダポキセチンを服用して興奮を抑制してからセックスしないと、すぐ射精してしまい心因性早漏が悪化する恐れがあります。
早漏防止トレーニングで早漏が悪化するのは本末転倒なので、自信を付けるためにダポキセチンを服用するようにしましょう。

当たり前ですが、「自分の手」と「膣内」は全く違います。
1日でも早く早漏を治したい方は、彼女やソープ嬢とセックスしまくりましょう。

早漏防止トレーニング6:皮を剥いて生活する

仮性包茎の方に限りますが、皮を常に剥いた状態にして生活しましょう。
そうする事で亀頭が刺激に強くなり、射精しにくくなります。

包茎の方はわかると思いますが普通に生活していると、剥いても皮がすぐに戻ってしまいますよね。
ですので毎回皮を剥くのが面倒な方は、常に皮を剥いた状態にしてくれる器具を使いましょう。

上記3つの器具を使ってみましたが、個人的に一番オススメなのは「クマッキーZ」です。

1つ注意点があります。
包茎だと亀頭が刺激に慣れていないので、パンツの擦れだけでも痛い場合があります。
私は日常生活で以下のような支障が出てしまいました。

「皮を剥いて生活する」は、他のトレーニングより早漏防止効果は高くありません。
ですので自分のペニス状態と相談して、このトレーニングを行うようにしてください。

トレーニングよりオススメ!早漏を簡単に治す方法

トレーニングよりオススメ!早漏を治す方法

早漏防止トレーニングについて解説してきましたが、恐らく以下のように考えている方もいるはずです。

「トレーニングとかめんどくさい…」
「手っ取り早く早漏を治したい」

以下に当てはまる方は、早漏防止薬しかりED治療薬を服用しましょう。
セックス前に使用するだけで、早漏が治り射精するまでの時間が長くなります。
私も思い切りセックスを楽しみたい時は、早漏防止薬を使っていますが、本当にオススメです。

ただ1つ注意点があります。
早漏タイプによって「効かない」場合もあるので、必ず自分に合った薬を使用するようにしましょう。

それでは1つずつ解説していきます。

過敏性早漏はリドカイン入りの早漏防止薬がオススメ

過敏性早漏に有効な薬は、リドカイン入りの早漏防止薬です。
リドカインはペニスの感覚を鈍くする効果があるため、性的刺激に強くなり過敏性早漏が治ります。
ペニスの感覚が鈍くなっても、しっかりと快感は得られるのでご安心ください。

リドカイン入りの早漏防止薬を簡単にまとめてみました。

リドスプレーリドスプレー キシロカインキシロカイン 早漏防止コンドーム早漏防止コンドーム
価格 2,250円~ 1,350円~ 1,650円~
タイプ スプレー 軟膏 コンドーム
購入する 購入する 購入する

どの商品も早漏防止効果は高いので、以下を基準に決める事で、商品選びに失敗する確率が下がりますよ。

挿入して1分以内に射精してしまう方は、リドスプレーを使用した上で早漏防止コンドームを装着しましょう。
そうする事で射精するまでの時間が長くなり、セックスを思い切り楽しめるようになります。

心因性早漏はダポキセチン入りの早漏防止薬がオススメ

早漏防止薬|ダポキセチン

心因性早漏に有効な薬は、ダポキセチン入りの早漏防止薬です。
ダポキセチンは脳の興奮状態を抑える効果があり、強制的に賢者タイムにします。
賢者タイムになっても、セックスは問題なく出来るのでご安心ください。

ダポキセチン入りの早漏防止薬は2つあります。

プリリジープリリジー ポゼットポゼット
価格 7,600円~ 1,500円~
種類 先発薬 ジェネリック
購入する 購入する

「プリリジー」と「ポゼット」は、先発薬かジェネリックかの違いでしかありません。
効果的にはほぼ同じなので、個人的には価格が安い「ポゼット」の購入をオススメしております。

心因性早漏を治すには早漏防止薬が必須なので、ぜひこの機会にダポキセチン入りの早漏防止薬を試してみてはいかがでしょうか?

衰弱性早漏はED治療薬のレビトラがオススメ

衰弱性早漏に有効な薬は「レビトラ」です。
レビトラはED治療薬ですが、早漏防止効果も期待できるので、衰弱性早漏の方にも効果が期待できます。
普段より硬い勃起が出来るようになり、亀頭もパンパンになるので、早漏を防止しつつ楽しいセックスが出来るようになりますよ。

レビトラは10mgと20mgが販売されていますが、20mgの購入をオススメしております。
1錠丸々服用できますし、半分に割って服用すればコスパ良く服用できます。

レビトラ20mgの販売価格

1錠あたり1,400円~1,700円ほどしますが、レビトラは早漏防止効果だけではなく勃起効果も期待できます。
年齢を重ねると勃起力も弱まってくるので、衰弱性早漏の方には2つの効果が得られるレビトラをオススメしております。

「いやいや、レビトラの価格高すぎるでしょ!」

と思った方は、レビトラのジェネリック医薬品である「バリフ」がオススメです。
バリフは1錠あたりの価格が非常に安く、150円~190円程度です。
レビトラの1/10程度の価格で購入できるため、最近はレビトラからバリフに乗り換える方が多くなっています。

レビトラと同等の効果が得られるので、価格を重視したい方はバリフの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ:早漏トレーニングは継続が重要

この記事では「早漏防止トレーニング」を解説してきましたが、早漏を治すには継続が重要です。
たかが1日トレーニングをしたとしても、早漏は絶対に治りません。

「トレーニングの継続って面倒だよな…」

と思った方は、ED治療薬や早漏防止薬を服用しましょう。
お金はかかりますがセックス前に1錠服用するだけで、早漏が治りセックスを思い切り楽しめるようになります。

「お金を払って最短で早漏を治す」か「無料でトレーニングを頑張って除々に早漏を治す」かは、お財布と相談して決めるようにしてください。
早漏は正しく治療すれば治るので、この記事が早漏を治すきっかけになれば幸いです。

TOP